【2010年8月31日】 鉄橋の下で…

うだるような暑さがつづく8月。
JR東海道線の鉄橋の下、
時々電車がすごい音をたててとおりすぎる場所で
炭に火をおこし、バーベキューが始まりました。

飯田のあそびの会の交流会と称したバーベキューです。
いつも遊ぶのに精一杯で、指導員と親がおしゃべりしたりする間がない…
というわけで、親睦の機会として開催しました。

飲み物と焼きたいもの持参…ウインナー、野菜、各種のお肉に、魚介類。
いろんな素材が次々と焼かれていきます。
気が付けば、指導員は火の調節したり、素材を焼いたり大忙し。
ぶんぶんとYUMIちゃんは、
焼き加減を見つつ、自分で鉄板を持ち上げ、
もう片方の手で炭を投入という一人何役ぶり!

フランクフルトで腹を満たした子ども達は
竹の水鉄砲で水をとばしたり、
堤防の坂をすべってみたり、
自転車を乗り回したり。


しげちゃんが段ボール箱で作った自家製スモークの箱から
チーズ・かまぼこ・ウインナー・ゆで卵が出来上がってきました。
うう、たまらん…これはビールがあるべきだ。
というわけで車をとばしてアルコール0のいわゆる”麦ジュース”を調達。
指導員、ボランティアのお兄さん、お父さん、お母さんの手に回りました。
「カンパーイ!」
青空に響く声、気分だけでもいいんだよ〜。

こどもたちはなにやらガラクタをあつめたり、
小石を並べてみたり。



ひと段落していると、堤防の急な傾斜を無理やり自転車で駆け下りてきた中学生A。
また火の勢いをもどして今度は焼きそばをつくりにかかりました。
肉、野菜、を念入りにいため、袋ごとよくもみほぐしたそばを入れ、だいたい焼きあがったかーと思われた頃に、またキャベツ投入!
しかも一片一片がデカイ。
「メガキャベツだー♪」「メガ盛りだー♪」




できあがったと同時に鉄板から箸でさらわれていきました。

気が付けば子供たちは落ちてた廃材を組み合わせ、
これまたおちてたYシャツになにやら書き込み、
秘密基地となっていました。

ああ〜夏だねえ。