2009年2月の記事




【2009年2月17日】 ホット★ほっと☆けーき

春になったら、みんなみんな、ひとつ上のステージに
ワンステップアップ。
自分もみんなもまとめてお祝いしよう。

3月のあそびの会・進級進学を祝う会
ホットケーキを焼いてみんなで食べよう♪

3月8日(日) 飯田総合会館1時〜4時
持ち物 : ホットケーキのトッピング1品
      食器(お皿 フォーク)
      おてふき
      すいとう
(その他エプロンなど必要と思われるものは各自で)
参加費 : 200円


【2009年2月15日】 未来の☆飯田の★あそびの会

2月のあそびの会のあとで
指導員(ぶんぶん、ゆみちゃん、たくあん)と
たっちゃんと和美で、この日の感想と、
これからの展望を話しあいました。
ちょっとまとめるとこんな感じです。


飯田のあそびの会という場
子どもたちの居場所を、指導員と大人が守り育てる


★充実★
子どもたちにとって充実した活動を!←主に指導員が担う
  ・「思い切りあそびたい」という欲求をかなえたい
  ・高学年、低学年、それぞれの楽しさとは?
  ・中学生についてはいままでどうりのスタンスで。
   「山つどに行こうよ!」
  ・あそびこんだ子がはじめての子に教えてあげる
   などして「みんなであそんでいる」という
   意識をもつ。
  ・指導員とこどもたちの絆をより深める。
   名前を呼ぼう。自己紹介をする?

★集団づくり★
仲間を増やし集団であそぶ楽しさを!←主に親が担う
  ・活動を伝え、参加者を増やす。
   積極的に宣伝する。
  ・これからも異年齢で遊べるよう、
   幼児、低学年へのお誘いをがんばる。
  ・安心して遊べるように大人の見守る目を。



「これは自分たちの活動なんだ!」
子どもたちが主体の活動となるために...


★場所・日時・内容の固定化★
活動の基本を定めることで、見通ししやすく
  ・基本的に「飯田公園」「第2日曜」
   「年間計画にそって」。
  ・年間計画をもとに、子どもたちのアイデアを
   すくいあげ、実行していく。
  ・「作る」「食べる」等の企画を混ぜつつ、
   でも、目指すのは「あそびこみ」。

★これぞ!飯田の定番★
みんなであそべる定番のあそびを決めたい。
  ・「しっぽとり」「ころがしドッヂ」
   「しまおに」などかな?


【2009年2月13日】 走って★笑って☆

ここ数日、穏やかな天気が続いていたけど、
やっぱり風は冷たい〜体は寒い〜。
それでもみんな集まってきた。
さあ、あそぶぞ!


ドッチビー
がっちゃん
ころがしドッヂ
こおりオニ
まるオニ
しまオニ
ながなわ
ドッヂボール


体を動かすから喉がかわく。
ときどき休憩して水分補給していたよ。

大人たちはおひさまを背にひなたぼっこ。
梅の花が見ごろを迎えてきれいだったよ。
植物に詳しいNさんのガイドで自然観察。
さて!
紅白の花の香りに違いがあるでしょうか???

五感を働かせると冬の季節でも
自然の息吹を感じることができます。

こどもたちはおなかがすいて、
花なんか目もくれず、
差し入れのお菓子に夢中でした。(笑)


指導員の感想から...
「こどもがたくさんいた!
 かげふみオニをやってみたかった
 まるオニのルールを思い出せず苦戦」
「今回は特に希望を聞かないで
 単純なあそびをどんどんやっていったが
 どうだったかな。」
「こどもたちにあだ名をつけられた〜」

2/8(日)飯田公園にて。
参加者:こども17名指導員4名と大人たち