【2006年9月10日】 群馬少年少女センター閉村式

長かった夏が終わる、そんな気がした日でした。
今日は群馬少年少女センターの夏のキャンプの総仕上げの閉村式です。
本日は少年団から女の子一人参加。さらに高校生が一人遊びに来てくれました★
 まずはみんなで集まって「久しぶりーっ」と声をかけあいます。
そう、あの熱い夏のキャンプが終わりもう一ヶ月近くになるのです。
会場には色々なものが用意されていました。キャンプ中に大きく飾られていた横断幕、班のそれぞれののぼりが室内の壁に飾られていました。さらに、指導員の一人がもって来てくれた今年のキャンプ中のアルバムなども持ち寄られ、そのときの話で盛り上がります。
 人数が集まってきたら遊びです。みんなでフルーツバスケットをやって遊びました。


みんなが集まって時間になったところで写真上映会です。現像してアルバムにしてある写真は群馬センターのキャンプ中に撮影していた6人の写真を全部もらってその指導員が選んでの312枚だったのですが実は写真の数は全員のものを換算すると1200枚くらいになるります。
その1200枚のうち現像されなかったけどこれもみんなに見てもらいたい、という写真をかき集めて作られた450枚くらいをパソコンで上映するのがこの上映会です。
みんなで一つの写真を見て笑ったり、そのときのことを思い出したりしていました。
みんな楽しんでいたね。

上映会を終えたらまた、キャンプ中にテーマソングとして歌っていた歌を中心に歌を歌いました。
たんぽぽという歌にはみんなで手拍子遊びをするのですがそれが完璧にそろっていたところがあったりしてスゴイ!!
来年も楽しみですね♪
中には歌にあわせて新しい踊りを作ろうとしている仲間もいました。
むむっ!!来年以降の定番となるか!?
団結踊りやチクサクをしてこの年の閉村式は終了です。
お迎えが来るぎりぎりまでアルバムやのぼりを見ながら懐かしい話に花を咲かせていました。
みんな、来年もまたキャンプで会おうね。

ご意見、ご感想はこちら →kotori0117@ybb.ne.jp


 (四式)