【2008年4月19日】 その日は風と日差しの暖かい、そんな穏やかな陽気の日でした。

4月19日(土)。
この日、あいおいあそびっこ青春クラブ、通称「はるクラ」に・・・

神が降り立った。


と、いうわけで今日は団長、副団長の選出日でした。
現在少年団の子どもの数は定期的な参加という意味では8人ほどです。
そこから団長一名、副団長一名、書記二名を選出します。

実に半分の団員が役職を持っていることになるっ!!

・・・何なら全員に役職をもたせるかという話にもなりました。課長補佐代理兼任係長とか。

さて、どうして神が降りたのかというと。
団長をやろうかどうか悩んでいる子がいいました。

「う〜ん・・・団長はちょとなぁ・・・」

それを聞いた指導員はすかさず返しました。

「じゃ、会長ってことで(・∀・)」

これがすべての始まりでした・・・
そう、なにも団長にこだわる必要はナイッ!!団長がいやなら別の名前にすれば良いッ!!(そういう問題ではない)
出てくる出てくる、別の名前候補♪
族長、隊長、首相、大統領、社長、番長、ボスetc・・・
で最終的に落ち着いたのが・・・

「新世界の神」です。






・・・あいおいあそびッこ青春ク

ラブ、新世界の神!!


怪しい宗教などではありません。ええ、けっして。いたってまともな子どもが狂ったように遊ぶ集団です。


最終的にすべての役職が決まりました★
みんなありがとう♪これからはるクラをもっと楽しいものにしていこ★


 (四式)