劇団の記事




【2006年6月25日】 劇団本番(群馬県母親大会IN桐生市)

劇団と少年団はちょっとだけ母体が違いますが関係者は同じです。
ってなわけでみんなで目標にして練習してきた本番の日がやってまいりました。
いつもと違う雰囲気にさすがのこどもたちも緊張・・・してないね。ホント。スゴイ心臓だよきみらは。
しかし、ホントに本番前とは思えない気楽さでした。(三時間前までみんなで爆笑してた。内容は覚えてない・・・)
しかしこの日は結局本番前に一回も最後まで通す練習ができなかった。
・・・大丈夫なのか!?


大丈夫でした。
本番は今までで本当に一番よかったです。
拍手もいっぱいもらいました。
終わってからも「よかったよー」なんていろんな人に声をかけてもらえました。
ちょっとツライ思いをしたりもしたけど、今となってはホントに良い思い出だね。
皆さんに見てもらえて本当によかったね。みんなお疲れ様。


なんて感動の余韻にハマっている僕を差し置いてみんなは結構ドライである。
ここまでほとんど週一回集まってたけどもうそんなことなくなるぞ!?寂しくないのか!?
寂しくなったら少年団においで★←本音

【2006年6月19日】 劇団 本番まで一週間!!

 本番まで残り一週間!!
 台詞が出ない!!(僕だけ)立ち位置不明確!!(これも僕だけ)歌の歌詞を間違える!!(全部僕だけ)
・・・こどもってすごいなぁ。

 桐生市中央公民館での公演を来週に控え、練習にも自然と身が入ります。
 この日は天気もよかったので外で練習しました。
 太陽という名のスポットライト!!(暑い)梅雨の時期独特のやわらかい土の舞台!!(蒸している)自然と群がる通行人という名のお客さん!!(ちょっとはずかしい)
 日陰で指示出す監督方(おれもそっちにいられればよかった・・・)ご苦労様でした。

来週はいよいよ本番、母親大会内での公演です。

【2006年5月27日】 劇団「いのち」

ボランティア劇団「いのち」の練習日でした。
参加者は小学生が8人、大人3人、中人1人(←僕)

「いのち」は劇メインというよりは少年団活動から派生したみんなで「表現する」ことを目的とした集団です。
・・・実際のところ、発足は少年団より早いのですが。
つまり、みんな素人。
でもそれゆえか、これが好評いただいています。

 本日は振り付けの設定です。
身振り手振りのジェスチャーに見えやすい配置などを確認、もちろん登場ポーズは歌舞伎調。(なぜか僕だけハード●イ)
見てくださっている観客の皆さんにわかりやすいように工夫しました。
本番までいよいよ一ヶ月と迫ってきました。
大人の緊張いざ知らず、緊張感の発生しないこどもたち、舞台上で流れるのは光る汗か、感動の涙か。
6/25(日) 母親大会 (桐生市中央公民館) で答えは待っている!!



この日の四式
四式です。こっそり劇団の記事を書いちゃいました。
無許可のため、なんか言われたら消えちゃいます(笑)
劇には歌があります。みんな歌いなれています。
しかし人数が少ないため音が外れていたりするとすぐにわかります。明らかに一人音程が合わない・・・
って僕だよ、僕。そんなに高い声出ませんがな・・・
何箇所かは口パクでいくしかないのか!?みんなに音痴といわれながらもがんばるか!?こどもはなんでそんな高い声が出る!?(←こどもだから)
壇上の四式の声に注目・・・しないでください。

そんな四式は、「花いちもんめ」ではいつも最後の一人になるまで取り残されています。

さて、来週は群馬少年少女センターのリーダーキャンプです。
四式、センターの人間としてがんばってきます。


 ご意見、ご感想はこちらへ → kotori0117@ybb.ne.jp