2007年2月の記事




【2007年2月3日】 節分の豆は年の数だけ食べる

鬼がいたって団活はやるのである。
なぜなら名前が決まってぼくらのテンションはちょっと高めなのだ。

本日!!男の子4名女の子5名の参加!!
定期的な団活でも5名を超えるようになったのは喜ばしいことなのです。
なぜならできる遊びのバリエーションが増えるからね♪
今日はいっぱい人数いるので二組に分かれないとできないSケンをやりました★
白熱した接戦で冬なのに体はポカポカです。
今日はお日様も暖かかったし★
片足ケンケンしているところに指導員が勝負を挑みにくればたとえしがみついてでも倒されないッ!!
コレがはるくらの子どもの根性です♪
    ↑「あいおいあそびっこ青春クラブ」の略称候補


本日の話し合いは前回来られなかった子達のために団長さんたちの紹介と、決まった団の名前の発表からでした★
前回来ていた子達はみんなきちんと覚えていたよ。スバラシー。
いまだにどこまでが漢字でどこまでがひらがなか悩む子も。
ドラ●もんみたいですね。

さて、いよいよ「はるくら」も年間計画をなることになりました。
とりあえず、やってみたいこと挙げ!!!で、挙がってきたものは


・ひなまつり (いったいどういうものなのかやってみたい)
・スケート (指導員は全員滑った記憶がはるか遠い)
・カリビアンビーチ (最寄の温水プール)
・お花見 (桜でなくても可)
・クッキングパーティー (たこ焼きリベンジ)
・かき氷 (・・・イベント?)
・水族館 (群馬に海は無い)
・つりぼり (食えること必須)

アレ?結構普通な?
もうちょっとむちゃくちゃ言われるかと思っていましたがどれもコレも魅力的です。ハワイとかもでもある意味では魅力的ですが。
何をするかは次回までにそのイベントの魅力を伝える原案をつくって発表しあうことで今日はおしまい。
来週に向けてみんな調べごとに必死なのです★
次回の団活は2月17日(土)援護求むッ!!



ご意見、ご感想はこちら →kotori0117@ybb.ne.jp