【2012年4月23日】 KIVO主催<スポーツゴミ拾い>


<スポーツゴミ拾い>        KIVO主催
                  文責:慶應義塾大学2年長谷川涼
団体代表:日本大学2年鬼澤俊彰

場所:代々木公園
日時:5月20日、日曜日2時〜4時
対象年齢:小学生

概要;代々木公園で5月20日、日曜日にゴミ拾いを通じて、公園を清掃するとともに地域社会の交流を深めることが目的です。また子どもたちになぜゴミが出るのか考えてもらい、「ものを簡単に捨てるのではなく大切に使うこと」をこの活動を通じて伝えたいです。KIVOの大学生とチームごとに別れてゲーム形式でゴミ拾いを行います。子供一人につき一人の大学生がつき、楽しく話をしながら公園をきれいにしましょう!なおご家族での参加も大歓迎です!優勝チームには景品を用意してあります。

募集人数:20人前後(先着)
参加費:無料
締切:4月末日(近日でないと予定がわからない場合はご連絡ください!)
当日に必要なもの:ゴミ拾いに参加できる恰好(ゴミ拾いの道具はこちらで準備いたします。)

参加希望の方はお手数ですが必要事項記入のうえ長谷川までご連絡ください。

<必要事項>
@お名前A年齢B参加人数
他質問などありましたらお気軽にご連絡してください。

連絡先:jark45710@a03.itscom.net

*当日の流れ
13:45〜
@子供たち集合、チーム分け
A司会がルール、注意事項を説明
BKIVO紹介
14:00〜ゴミ拾い開始 
14:45〜15:45
@ゴミ拾い終了
Aネパールレクチャー(ネパールについての冊子配布)
Bガバルディ(ネパールの遊び)
C結果発表

国際協力学生団体KIVOとは          
<プロフィール>
当団体は、関東の大学生を中心とした学生によるインターカレッジの団体です。2009年の3月に竹内・池田(当時慶應義塾大学一年生)の2名がネパールに行き、そこで感じた危機感から翌2010年4月より、「ネパールに本を送る」という学生団体立ち上げを行い、それが現在も続く国際協力学生団体KIVOとなりました。

<活動理念>
「学生ができることを通じて、社会に影響を与える」
この理念のもと活動しています。
2009年冬に行ったネパールでのボランティアツアーを通じてネパールの小学校には本がないという現実を知り、自分たちの学生に何ができるのか、学生だからこそできることがあるのではないかと大学生二人が思い立って立ち上げた学生団体です。
私たちは資金的な援助というよりむしろ現地に赴き、現地の人々との交流を通じて、お互いに成長・発見できるボランティアを目指しています。


国内活動<資金集め活動>
・募金活動 ・チャリティーイベント ・フリーマーケット
国内活動<その他活動>
・写真展 ・障碍者施設の子供への支援 ・小学校にて、日本・ネパールの子供同士の夢の交換行う・機会に応じて、ネパールの啓発活動・団体の広報活動を行う
国外活動<ネパール>
・国内で集めた資金を基に、ネパールに本を届ける
・本を使ってもらえるような環境をネパールの小学校に創り上げる
・その他、支援側のニーズに合わせた援助を行う
国外活動<ネパール以外>
・カンボジア・ベトナムにてスタディツアーを行う(2011〜)
詳しくはホームページをご覧ください。ttp://www.kivo-col.com/