ときどき日記。の記事




2006年2月22日 キャンプ村づくりスタート!

第35回少年少女キャンプ村の
第1回実行委員会がありました。参加者27名。

今年から場所を戸狩とんだいら高原に移すキャンプ村。
新しいことに挑戦し、
新しいものをたくさん創ろうと話し合いました。

様々な内容を検討・調整する
事務局と生活指導責任者会議を
各地域の協力で充実した構成にしようと決めました。

実行委員会は、以下の通りに決まりました(すべて火曜日)
3/14、4/18、5/16、6/6、6/27、7/11、7/25、8/29

同時に、春の指導員交流会のことも話し合いました。
4月9日(日)代々木公園中央広場(雨天決行?)
実行委員会は、3/7(火)と3/30(木)
準備の中心になる世話人は、
けんたろう(板橋)、あっと(世田谷)、のどか(目黒)
の3人になりました。

2006年2月21日 浜松へ行ってきました。

2月12日は、浜松へ行ってきました。
土日で、少年少女センター全国ネットワークの集会と
代表委員会・総会があったのです。

午前中は、地域の少年少女センターの活動づくりについて
経験交流をしてきました。
ニュースづくりの工夫や苦労、事務局会議の開き方など
いろいろ参考になりました。
7〜8人の事務局会議を定期的に持つこと、
ニュースの記事集めに計画性と執着を持つことが
東京少年少女センターの課題かな、と考えました。

午後は、全国集会in東京、季刊誌のことが中心議題でした。
11月の全国集会。初日は「たっぷり学べる」連続講座を
しっかり準備して充実したものにしようと思いました。
長期的な見通しを持って準備したいと思います。

2006年2月15日 しばらくサボりました。

しばらくサボりました。失礼。
卒業式も近づき、
来年度の準備もはじまって、
何かと落ち着かない時期です。

この間は、
雪まつりの実行委員会や理事会がありました。

また、2月5日(日)には、
杉並へ行ってきました。
杉並指導員部会提案の企画“勉強会”です。
元指導員、元父母を呼んで、
子ども会・少年団について話を聞きました。

こんな話をしていました・・・

子どもが主人公で、手助けをするのが指導員。
子どもが自分の持っている力を
すべて出せるようにすることが指導員の仕事。
指導員は子どもに一番近くて、
子どもたちは指導員にあこがれる。
指導員は子どものお手本または悪いお手本。

指導員から活動に参加した人は、
自分が指導員としてどうあるべきか、
いつでも学習し考えている。
子どものときから活動に参加している人は、
わかっていることが多いので、
指導員になってから学習しない人が多い。
ぜひ、学習を大切にしてほしい。

2006年1月16日 理事会を開きました。

1月15日(日)に理事会を開きました。
今年は、新しい場所でのキャンプ村ということで
実地踏査やリーダーキャンプも
参加する指導員・スタッフ全員が
新しいことを考え、いろんなことに挑戦できるように
2月の実行委員会(2/21)から
創意あふれる会議にしようということや、
11月のあそび万博・全国集会に東京中の実践を持ち寄り、
たくさんの参加で成功させたいということを話し合いました。

20回目を迎える「中学生夏の学校」も
大切にしたい取り組みです。

2006年1月5日 新しい発展の年に

2006年新しい年を迎えました。
今年もよろしくお願いします。

第35回少年少女キャンプ村は、
20年近く利用してきた鹿嶺高原キャンプ場から
長野県飯山市の戸狩温泉とんだいら高原に会場を移し
新しい挑戦をします。
中学生夏の学校は20回目を迎えます。
11月には子どもの組織を育てる全国集会を東京で開催します。
いまは、少年少女雪まつりの準備を進めています。

新しい発展たくさんの年にしたいと思います。

2005年12月11日 大田で学習会

12月9日、大田に行って学習会をしてきました。

八王子で少年団活動をしていたときの話や
足立の活動の紹介、樋口さんの文章の紹介をしてきました。

みんなで決めた日に集まって
みんなで取り組む会も大切だけれども、
それと同時に、
夜ご飯にお呼ばれしたり、
受験生がいれば一緒に勉強会をしたり、
ぐちを言い合うようなおしゃべりの会があったり、
いろんなことを通じて、
自然体で信頼しあえる関係をつくって行くことも大切だな、
というような話をしてきました。

2005年11月24日 雪まつり準備。

今日は、少年少女雪まつりの
2回目の実行委員会がありました。

小学生、中学生とのきに
沖縄から雪まつりに2回参加したことがあって
いまはこちらへ来て埼玉の大学に通っている
ようこさんが会議に参加してくれました。
久々の再会でうれしかったな。

2005年11月14日 誕生日に花束を。

私事ですが、今日が誕生日でした。
学校で、担任をしているクラスの生徒たちから
花束をもらいました。うれしいですね。

2005年11月9日 指導員交流会&指導員合宿

昨日のあそび万博・キャンプ村実行委員会で
「春の指導員交流会」「指導員合宿(仮称)」
をやろうということが決まりました。

2006年4月9日(日) 春の指導員交流会
2006年10月14日(土)、15日(日) 指導員合宿(仮称)

みなさん、ぜひ手帳に書き込んでおいてくださいね。
すてきな行事になるといいな。

2005年11月8日 雪まつりの準備がはじまりました。

第19回少年少女雪まつりの
最初の実行委員会がありました。
目黒、世田谷、調布などから指導員さんが
参加してくれました。
参加してくれる子どもたちにしっかり
楽しんでもらうために
指導員としての勉強をしっかりして
すてきな雪まつりを作っていこうね
と話し合いました。
指導員さん、大募集中です。


2005年10月23日 路地裏あそび大学

今日は「路地裏あそび大学」をしました。
11月20日に代々木公園で開催する
「あそび万博inTOKYO」のプレ企画です。

世田谷、目黒、板橋、杉並、狛江、調布などから
計25名が参加してくれました。

どこいき、ろくむし、なかあて、
水雷艦長、開戦ドン、をやりました。
個人的には水雷艦長が楽しかったです。
かなり頭をつかうあそびです。

快晴で、いい汗をかきました。
やっぱり公園で走り回ってあそぶのって、いいですね。

2005年10月22日 キャンプ村まとめの会議

今日は、少年少女キャプ村の
まとめの生活指導責任者会議がありました。

最初の議題は「参加者を増やすには」。
日常の地域活動で父母と指導員との協力関係・信頼関係を
つくっていくことが大切だ、という話に。

指導員だけでやるのでなく、親とも子どもの姿を語りあう、
親同士のコミュニケーションの場としての父母会の大切さ、
難しい議題を議論するのでなく、気楽に話が出来る父母会にする、
回数を重ねて父母の集団ができていくことの大切さ、
異年齢集団ならではの子どもの活躍する姿を語る大切さ、
などを話し合いました。

指導員の「勝手な」見方・やり方だけにならないように
いろんな人の意見・考え方を入れていく、
そのためにはどんな努力が必要か。
とても大切な視点ですね。


2005年10月16日 雪まつりの取り組みがはじまります。

第19回少年少女雪まつりの準備がスタートします。
最初の実行委員会は、11月7日(月)18:30〜
今年も雪まつりの会場は、とがり温泉スキー場です。
去年は19年ぶりの大雪で3月でもバッチリでしたが、
今年はどうなるでしょうか。
雪はたくさん降って欲しいですね。

2005年9月28日 キャンプ村の「目標」

今日は、キャンプ村のまとめの実行委員会でした。

「目標」について、
「自然」「生活」「仲間」という柱がありますが、
最近は「仲間」という部分に意識が偏っているのでは?
というところから話し合いました。
「自然」は目標として位置付けにくい、という意見。
でも、自然、生活こそ大切なのではないだろうか?

事前の活動では、キャンプ場のすばらしさを語り、
そこでの生活の大変さや必要な工夫を語り、
指導員が子どもたちを「その気」にさせる。
プログラムをつくるときには、
「東京ではてきないことをしよう」と働きかける。
当日は、誰よりも指導員が、
自然のすばらしさに気づける人であることが大切、
というようなことを話し合いました。

子どもたちを
「大自然のなかで生活をつくる主人公」に!
というところでしょうか。

仲間になろう!仲間になった!という掛け声だけが
大きくなることは、よくないことですよね。

2005年9月15日 やっと完成。

ようやくニュースが完成しました。
夏の忙しさに追われているうちに、
だいぶ間が開いてしまいました・・・。反省。
次回からは、計画的にがんばろう。

2005年9月6日 TOKYOファミリー体験ひろば

今日はTOKYOファミリー体験ひろばの実行委員会。
10月2日(日)都庁前「都民ひろば」
ぼくたちは、缶バッジとバルーンアートをやります。

ぽっぽ町田でも、11月3日にやります。

2005年9月6日 戸狩でのキャンプ生活。

今日は、キャンプ村の実行委員会。
来年から戸狩温泉・とんだいら高原で実施するにあたって、
生活の基礎の部分での課題を話し合いました。

「水は、沢からとった方がいいんじゃないかな?」
「薪は十分確保できるだろうか?」
「森の中にテントサイトができる?」
「トイレはどうしよう・・・自分たちで掘るか?」などなど。
キャンプ生活を基本的なところから考え直すことは
とっても大切なことだな、と思いました。

17日〜19日の戸狩ツアーが楽しみ。

ちなみに、10月8日〜10日の山の家ツアーでは
仙丈ケ岳登山をすることになりました!


2005年8月30日 はじめてみようかな。

なかなか「やってみよう」という気にならなかったけど、
ようやくはじめてみることにしました。よろしく。

今日はキャンプ村の本部会議。
来年の戸狩キャンプ村に向けて、
水をどう確保するか?
トイレをどうするか?
薪を確保できるか?など
「生活づくり」のことをみんなで話し合おう
ってな内容でした。

もうすぐ2学期がはじまるな・・・。