2007年1月の記事




2007年1月20日 『☆ウィンキーズ少年団の新年会☆』

 今年の新年会は、去年の団長・副団長とのリーダー会での、リーダーさんの「お正月にも少年団活動をしたい!お正月らしい遊びって、今ってしなくなったよね。。少年団でやろうよー!それにお汁粉も食べたいーー!!」という言葉で少年団で新年会をしようと決定しました。
そこから、リーダーさんとリーダー会を何度も重ね、楽しい団活にするための工夫・意見を一緒に考え、作業しました。
新年会は、場所は九品仏小視聴覚室にて、朝9時から16時までで行いました。子供達は驚いたことに、47人も集まってくれました!父母の方もたくさん集まってくださいました!!感謝感激です。
 まず、班に分かれ、班長・副班長・班名を決めました。この班会議中、東京では、初めて雪が降り、子供達は大騒ぎし、「初雪騒動」が巻き起こりました。班会議を中断し、しばらくその幻想的な情景に見入っていました。そして、班名の一つには、その雪から「初雪班」という班名がついていました♪(ちなみに他の2班は、あけおめラッキー7班・プルート班でした。)
班長さん・副班長さんは、どの班もしっかりしている子が、班長の役割を理解した上で、積極的に立候補してくれました。
 ここから、午前中はカルタ・すごろくをみんなで作りました。ここでは、指導員というよりも、リーダーさん中心で作業をしました。まず、リーダーさんがみんなに、作る際の注意・作り方を説明してから、カルタは、通常サイズの物より大きい物を一人二枚(読み札を合わせて四枚)44音を、ウィンキーズ少年団に関係あること・お正月に関係あることの二つのテーマに合わせて作りました。文章がうまく作れない子、そんな子を助けてあげる高学年の子や班長さん、隣の子と仲良く楽しそうに相談しながら作る子、早く終わって絵を加える子、きれいに丁寧に色を塗る子。楽しみ方はそれぞれ違うようですが、みんな楽しそうに作っていました!

その後は、指導員力作の模造紙6枚をつなぎ合わせた巨大すごろくを、みんなで決めたルールに沿って(振り出しに戻るばっかりかかないなど)、みんなで相談して、マスを埋めていきました。みんな、楽しそうに騒ぎながら、思い思いに作っていました。絵がやたらに多い班、なんだかものまねをするマスがいっぱいだったり、何マス進む・戻るがたくさんだったり、ちょっと答えにくい好きな子の名前を言うとか、その班その班の子供達の個性や思いが、たくさん詰まったものが出来ました!ここでも、低学年の子の世話を積極的に、高学年の子達が見てくれていました。
 お昼をみんなで輪になって仲良く・楽しく・おいしく食べた後、午後からは午前中にみんなで作ったカルタ・すごろくで遊びました。カルタ遊びは、班対抗で、対戦する班と読み札をとる班に分かれて、遊びました。やり始めるとみんな真剣で、これは、白熱しすぎてケンカになってしまわないかとハラハラしていましたが、実際は子供同士で自分たちで決めたルールや道徳に基づいて、自治をしていて、心配には及びませんでした。
 すごろくは、もちろん楽しそうに班長さんが場をまとめながら遊んでいたのですが、やはり午前中からの長いプログラムなので真剣に遊んでいる子と、あきてしまって別の遊びを始めてしまう子に分かれてしまい、真剣にすごろくをしている子がかわいそうでした。。そのあたりは指導員として、どうにかしなければいけなかったと反省です。次回は反省を活かさなくてはと思います。
 その後は、父母の方が作ってくださったお汁粉をみんなで食べました。みんな、これが楽しみだったとばかりに、無我夢中で食べていました。なかには、「4・5杯もおかわりしたよー」って子もいました。おなかは大丈夫なのかな??
 そして、最後に、今日のまとめとして各班の班長さん・副班長さんの班アピールをしてもらいました。どの班の感想にも楽しかった・協力できたといったもの、そして父母の方への感謝の気持ちがたくさん詰まったものに仕上がっていました。