レインボー少年団保護者の会会則

(名称)
第1条 本会はレインボー少年団保護者の会という。

(目的)
第2条 本会の目的は、主に次の3項目である。
(1) レインボー少年団が子どものよりよい発達の場となるように育てる。
(2) 指導員も子どももともに成長し、子どもたちのよりよいリーダーになるように援助する。
(3) 保護者が共に交流を深め、子育てについて互いに学びあい、子ども、指導員と共に成長し合う。

(活動)
第3条 上記の目的を達成するために、次の諸活動を行う。
(1) レインボー少年団の活動を行うために、指導員から依頼された活動。
(2) 指導員や地域の教育に携わる人たちと、ともに子育てを学びあう活動。
(3) 親子行事など、親子で楽しく交流しあう活動。
(4) 夏祭りなど、地域の人たちと交流し合う活動。
(5) どんど焼きなど、季節の行事を継承する活動。


(会員)
第4条 
(1) レインボー少年団に所属する子どもの保護者は、すべて本会の会員にならなくてはならない。
(2) 指導員の保護者は会員になることができる。
(3) レインボー少年団には、小学校1年から中学3年の子どもが所属することができる。

(役員)
第5条 本会には次の役員をおく。
(1) 会長…1名
(2) 副会長…数名
(3) 会計…1名

(役員の任務)
第6条 役員の任務は、次の通りとする。
(1) 会長…会のとりまとめ、役員会の開催、総会の開催、指導員会との連絡等
(2) 副会長…会長の補佐
(3) 会計…予算、決算、会費の徴収、保険の申し込み、出納簿並びに会費の管理

(委員)
第7条 役員会の下に、次の委員を置く。
(1) 月別担当委員…数名
(2) 少年少女センター委員…1名
(3) 中学生担当委員…1名

(委員の任務)
第8条 委員は会長の指示に従い、次の任務を行う。
(1) 月別担当委員…定例会時、チラシ配り、活動の補佐をする。
(2) 少年少女センター委員…少年少女センターとの連絡、少年少女キャンプの地域実行委員長
(3) 中学生担当委員…中学生の行事の相談に乗る。

(役員、委員の選出)
第9条 役員、委員は総会で互選する。

(役員の任期)
第10条 役員、委員の任期は任命された総会翌日から翌年の総会当日までとする。

(役員会)
第11条 役員会は必要に応じて臨時に開くことができる。

(総会)
第12条 総会は毎年4月・9月に行う。ただし役員会で必要と認めたときは、臨時で開くことができる。出席定数は定めない。

(会費)
第13条
(1) 入会金は、500円とする。(子ども会員1名につき)
(2) 前期、後期各1,000円とする。(子ども会員1名につき)
(3) 行事の際は、臨時に会費を徴収することもある。
(4) 団員はスポーツ安全保険に加入することとする。
   *2004年度は子ども会員1名につき年間500円
(5) 役員会の判断により会費から慶弔金及びお見舞い金を支出する。

(会則の改定)
第14条 本会則の改定は、会員の3分の2以上の同意を持って成立する。

(付則)
第15条 本会則は2002年10月1日より施行される。