2006年11月の記事




【2006年11月26日】 2006/11/26 麦まき、パン作り報告 みそ作り案内 2

次回空耳お知らせ
 12月10日(日)9:30〜15:30 藤枝北高校(自彊館)で、みそ作り。昼食は、とん汁、おむすび。
 持ち物 参加費500円、食器、飲み物、あれば、おむすびの具に使える高級食材。味噌持ち帰り用容器。
 できた味噌は、1キロ300円で持ち帰り。

 久しぶりの元くんは、前回はお寝坊。ヒデキくんが来る。テライさん、シュンスケくん、シズクちゃん。ヤブさん、ヒカリさん、ナツミさんがくる。少し遅れて、ナナオくん、ショウヘイくん、シンゴくん、メグミさん、友達ハルカさん。オーツカさん、ユイちゃん、ケイシくん、イッセイくん。カワウラさん、マアサちゃん、アガサちゃん。マキタさん、ハルナちゃん。タナカさんご夫妻、ユウヤくん。ホソミさん、アキラくん、タクヤくん、ヒロちゃん。
 10時からパン作り。バターロールパン、ポテトパン、チキンオニオンパン、そばパン、ピザをダッチオーブンで焼く。空耳小麦に強力粉をまぜ、砂糖とたまごバターをまぜて練りこむ。ほとんどなめらかな生地になるのに、なぜか、メグミさんとハルカさんの生地はザラザラゴツゴツ。モトくん、ヒデキくん、ショウヘイくん組は、水を入れすぎてドロドロ状態。ほとんどお好み焼きの生地。パン生地をたたんでたたきつけているうちに、モトくんが地面にたたきつける始末。
 曇り空なので焚き火のまわりで、一時発酵。持ち込んでくれたサツマイモで焼き芋を同時展開。ナナオくん、シンゴくん、ケイシくんは、クリームシチュー作り。
 一時発酵の間に、麦まき。畑の横に一列に並んで、均等に麦をまく。虎刈り状態の畑は恥ずかしい。来年のうどん、パンの材料だぞ。
 発酵のすんだ生地から、分割し、二次発酵。待ちきれない面々がシチューを食べ始めてしまう。待てっ!、と言うのに。
 ダッチオーブンで焼き始めれば早い。バターロールパン、ポテトパン、チキンとオニオンパン、そばパン、そしてピザ。バターロールパンには、ウィンナをはさんだり、ツナマヨをつめたり、コーンマヨをつめたり。各種ジャム、チョコ、クリームありの贅沢三昧。
 オイシー!の声を聞きながら、これどもか!、というほどパンとピザを焼いて、私は汗びっしょり。ダッチオーブンの使い方がわかった、とローストチキンしかやったことのないユウヤくんのおとうさん。おなかが張り裂けそう、とユイちゃんのおかあさん。
 おなかがいっぱいになった後、高齢(子ども若者ばかりではない)のケイドロ。ユウヤくんのおとうさんが張り切ってドロボウになって行方をくらます。ケーサツが困惑。迷宮入り。コーホーふじえだで行方不明者の捜索があって、やっと出頭。
 バレーボールも、全日本対中国戦。全日本、圧倒的な強さ。負けた中国、もう一戦お願いします、と。仕方なくのもう一戦も、圧倒。
 3時半終了。初めてのパン作りが楽しかった、シチューが人気でたべられなかった、竹細工ができなかったのが残念、などの感想。


今後の予定
12月10日(日)味噌作り(藤枝北高校)
12月23日(土)もちつき(藤枝北高校)
 1月14日(日)凧作り、のり巻き作り(稲葉公民館)

【2006年11月12日】 2006年11月12日そばうち報告 パン作り案内

次回空耳お知らせ
 11月26日(日)9:30〜15:30 谷稲葉空耳農場で、麦まき、ダッヂオーブンでパン焼き。竹で飛び道具作り。
 持ち物 参加費500円、食器、飲み物、あれば、パンにはさむ高級材料。
 
 11月12日。まずは、空耳特許、孟宗竹パチンコ作り。ヒデキくん、ヒカリさん、ナツミさん、ナホさん、ミオちゃんが、ひっつきムシ・オナモミを弾に、銃撃戦。
 ナナオくんのお寝坊で10時半ころ、ショウヘイくん、シンゴくん、メグミさん、遅れてコンドーくんら高校生スタッフの到着。稲葉公民館ふれあい祭りでフランクフルトなど食べてきた、オーツカさん、ユイちゃん、テライさん、シュンスケくん、ケイシくん、イッセイくんらも合流。シンゴくんが、ソバちょこ用の真竹を切りに行って行方不明。役に立たない。いよいよ「そばうち」。先日収穫し、自家製粉した空耳特製そば。プロに弟子入りして修行してきたイビ先生に弟子入りしたい私が、手本を見せる。
 ユイちゃん、シュンスケくん、イッセイくんは空耳そばの石臼製粉に夢中。後は自分で勝手にそばうち。野外で陽が当たるし風が強い。粉は舞うし、すぐ乾く。悪条件の中、ケイシくんのそばは、やっぱりソバがきにしかならない。うどんのような、きしめんのようなそば続出。それでも、そこらの高級そば屋よりも、香りはいいしおいしい(と自己満足)。メグミさん、ショーヘイくん、シンゴくんらはてんぷら専門。なかなか熟練。ネギ、大根おろし、なめこ、わさび、やまいも(忘れた!)などをトッピング。
 ヒカリさんのおじいさんが北海道で狩をして送ってくれた鹿の肉を焼く。来年はイノシシの肉も登場する予定。ユイちゃん、シュンスケくん、イッセイくんソバを食べるのも忘れて、製粉に夢中のまま。自分たちで挽いた粉でそばをうちたかった、うちたかった、食べたかった・・・・・、とシュンスケくん。若者と子どもたちは、ケイドロ、ドッジボール、長縄とび。遊びにくふうが足りないなあ。
 陽がかげってくると寒い。焚き火をおこして、わらで縄をなう練習。ヒデキくんがうまい。自分用のわらぞうりを作って、それをはいて学校に通っているいるとか?焚き火で銀杏をいる。私の学校のイチョウの木の銀杏。(素手でむいたら皮一枚はがれてしまった。)なかなかの味。 3時半終了。「初めてのそばうち、鹿の肉、銀杏に感激」と感想。しかし、高校生だけで盛り上がるのを反省。これからは親から子どもを引きはがす。それでこそ「子ども会」。名づけて、「子どもラチ(カンキン)」。

今後の予定
11月26日(日)麦まき、パンづくり
12月12日(日)味噌作り(藤枝北高校)
12月23日(土)もちつき(藤枝北高校)