2007年5月の記事




【2007年5月20日】 2007年5月19日 地引網報告 麦刈り・芋ほり案内

次回空耳お知らせ
 6月 3日(日)9:00〜15:30 空耳農場で麦刈り、芋ほり(はまだ早いかも)。
 昼は、とん汁おむすび。
 持ち物 材料費500円 、飲み物、食器・はし、あれば高級おむすび材料

 なんと、雨。おまけに雷まで鳴っている。6時半、漁師の橋ヶ谷さんから電話。今年は天気予報を信じているので楽観。雨は降っているができそうだ、と。
 氷を購入して8時前には石津浜。雨だからだれも来ないと思ってクルマ止めが・・・。
 ヤブさん、ショウヘイくん、シンゴくんは来るが、クルマ一杯の荷物をおろす気も起こらず、ぼうっと。9時近くになって、続々。さっそく流しソーメンのために竹を割り、釜で米を炊く準備。
 海へのあいさつがてらの、石投げ。漁師の橋ヶ谷さんに挨拶してもらい、2組に分かれて綱を引く。
 あと、200メートル、あと100メートルなどといいかげんなことをいい、子どもたちにゆっくりと綱を引かせる。なにが入っているのやら。
 ヒラメ、マトウダイ、タコ、コチ、ウチワエビ、コウイカ、ナマコなど。アカエビは少ない。気の毒に、とマダイとエビをもらう。
 まずは流しソーメン。子どもたちは戦略だとも知らずに鈴なり。ソーメンでおなか一杯。続いて、おむすびでだめ押し。これから高級食材が登場するのに。
 砥石持参ミツイパパのヒラメの刺身。わたしのマダイの刺身ならず、すきみ。タコの皮付き刺身登場。
 おかあさん方奮闘のエビのてんぷらも次々とできあがる。おとうさんたちはバーベキュー。刺身作りが難航し、手抜きでてんぷら工場へ。はじめは内臓を抜いていたが、めんどうになって、うろこをとるだけに。そのうち、魚はバーベキュー工場へ直行。
 ナマコにも初挑戦。塩もみしてゆでて、酢醤油で。高級食材だといわれてもねえ。巨大芋虫か腸を食べるような勇気が必要。
 おなかが落ち着いて、予定外のビー玉宝探し。これをやらないと、浜へ来た気がしない。
 おとうさんおかあさんも混じって、正義の味方と悪の見方の対抗ドッジボール。ウルトラマン対バルタン星人、アンパンマン対バイキンマン。ボールを二つにすると急展開。よそ見して、顔面直撃涙鼻水続出。バスケットボールはイタイ。ショウヘイクンが急によけるから。
 スポーツチャンバラは乱戦。新撰組対長州藩志士の対決。ここでもおきて破りの顔直撃テロ攻撃で負傷者。
 終わりの会はシンゴくんの司会。「きょうは何やった?」「流しソーメン」「?」「その前にやったことがあるだろ」「地引網だよ」。振り返って、感想を聞く事も大事。
 わたしの今年の空耳の目標。「藤枝岡部のすべての子どもたちの胸に9条勾玉を」。
 
今後の予定
 5月27日(日)地区労センター主催 地引網
 6月 3日(日)麦刈り、芋ほり