2009年2月の記事




【2009年2月23日】 2009年2月22日ジャガイモ植え、黒はんぺん、こんにゃく作り

次回空耳お知らせ
 2009年 3月 8日(日) 9:30〜15:00 谷稲葉空耳農場 野菜の種まき、土器作り。パン、ピザ作り。
 持ち物 500円。はし、食器、飲料、土器の構想。あれば、パン用高級食材。
     
 空耳ホームページ http://hiroba.children.ne.jp/soramimi/art-bnfwrvqchd.html
 ブログ「藤枝の空と緑と子どもたち」 http://plaza.rakuten.co.jp/evgrfjed/

 中学生は私立高校に続々合格。公立受験者がんばれよ。
 2月22日の空耳。久しぶりにショウヘイくんが、よりボリュームを増して登場。ドラちゃんからポン太になり、さらにボン!!太に。
 初参加のミレイちゃんとカヤちゃん、タカシくんも合わせて、総勢27人。中学生はBB弾拳銃持参。
 まずはジャガイモの植え付け開始。
 ナホさんがスコップで堆肥をかごに移していると、巨大なカブトムシの幼虫がウヨウヨ。
 メークィーンと男爵の種芋を半分から3分の一に切り、うねに埋める。堆肥をその間にひとつかみづつ。
 狭い畑に人口密度が高い。そのわりに意欲のある労働力が少ない。
 なだめすかして1時間半もかけてようやく植え付け完了。「早く大きくおいしくなれよ!」と「のろい」(正しくはおどし)の言葉。
 11時半ころやっとこんにゃく作り開始。コンニャク粉を水に溶き、一生懸命かき回す。私は昨晩ためしに作ってきょうは肩が回らない。
 ここでこんにゃくは少し寝かせることに。
 次に、黒はんぺん作り。青アジ(ほんとうはイワシ)とサバを三枚におろす。「グロイ!」「気持ち悪い」などといいながら、ナホさんやタカシくんがアジやサバをさばさばさばく。
 皮ごとミンサーでミンチに。気持ち悪い、これではんぺん嫌いが…と大騒ぎ。
 魚のミンチに馬鈴薯デンプンの片栗粉と塩、砂糖、しょうがを適当に混ぜてすり鉢ですりつぶす。ここでもナホさんタカシくん大活躍。「子どもの楽しみを奪うな」と。
 ミンチがこなれてきたら、型にする。あ、型のための小皿を忘れた。はんぺんの語源の「半片」(江戸時代に戸田半兵衛考案という説もある)にならない。でもまあいいや、手で成形すれば。なんでもありの空耳。
 お湯に投入し、できたて熱々をわさび醤油で試食。うまい。市販品よりもうまいかも。
 はんぺんは(市販のはんぺんもまぜて)はんぺんフライに。「なんだ、買ってあるなら作る必要ないじゃん」だと!「わかっちゃいないんだから」
 ハルカ、アサミ、サヨコ、アンナ、ミレイ、カヤさんたち女の子たちが小麦粉つけてたまごを通してパン粉をつける。
 ところが、揚げるそばからはんぺんフライバーガーにしてみたり、よってたかって食べていくので、気がつくと、作り手のはんぺんフライが、もうない。ショウヘイくんによると「作った人が食べられないのは空耳ではよくあること」らしい。
 もちろん彼女たちには、自家製の最高級はんぺんフライを作って食べていただきました。

 こんにゃくに凝固剤の水酸化カルシウムを水に溶いて投入。またまた必死にかき回す。ここが大事。
 固まったらゆでて、冷ましてこんにゃくできあがり。もちろん、ダイコン、ジャガイモ、はんぺんその他の練り製品とともにおでんになりました。
 
 食後は、やっぱりまたまたケイドロ。中学生は拳銃をつきつけて逮捕。
 橘くんがいればやっぱり野球。でもそれをよそに弓矢にはまるタカシくん。
 3時に、どっちにする、と最後のドッジボール。中学生以上は、利き腕で投げたらあかんルール。
 女の子たちは、小川でなにやら土木工事。
 3時半終了。終わりの会の司会はたちばなくん。
「子どもたちがたくさん来てくれてうれしかった。」
「こんにゃくにわさびをたっぷりつけて罰ゲーム。おかげで鼻づまりが一時的に治った。」「いやいやオレはさらに調子が悪くなった。」
「そうだ、黒はんぺんを作ったんだった。魚くさいのが苦手だけど、きょうもおいしかった、ような気がする。」
「はじめて魚をさばいた。はんぺんはおいしかった。おでんもおいしかった。」
「はんぺん作りは気持ちが悪かった。」
「ケイドロで最後までつかまらなくて楽しかった。」
「ドッジボールで最後まで残ってうれしかった。」(空耳マスコットヒロキくん)
「始めてきたけれど、弓矢を作れて楽しかった。」
「保育園か幼稚園の先生になるつもりだけれど、むいてないと言われてショック。」 
 最後まで、ジャガイモ植えの話題は出ないままでした。なんてこった。
 
 次回はパン作り。ついでにやっぱり土器もつくろうかな。
 


 今後の予定
  3月 8日(日)土器の野焼き、パン・ピザ焼き
  3月28日(土)花見もちつき

【2009年2月3日】 2009年2月1日 布ぞうり作り 太巻き寿司作り

次回空耳お知らせ
 2009年 2月22日(日) 9:30〜15:00 谷稲葉空耳農場 ジャガイモ植え付け、野菜の種まき、土器作り。言わし、サバから本格的黒はんぺん作り。はんぺんフライなどはんぺん料理。こんにゃくも作ったら、やっぱりおでんかな。常設コマ回しも。 
 持ち物 500円。はし、食器、飲料、土器の構想。あれば、おでん用高級食材。
     
 空耳ホームページ http://hiroba.children.ne.jp/soramimi/art-bnfwrvqchd.html
 ブログ「藤枝の空と緑と子どもたち」 http://plaza.rakuten.co.jp/evgrfjed/

 またまた藤枝北高校自彊館。ちなみに、「自彊」とは、藤枝北高校の校訓「自彊不息」(じきょうやまず)から。
 中国の古書、易経の言葉で、「天地の運行がすこやかであるように,君子も自ら努め励み,怠ることはない」つまり、「不断の努力」の意味。(努力しているかなあ。)
 布ぞうりの先生にきてもらって指導してもらおうかさんざん迷いました。材料も用意してくれそうな勢いだし、布を裂いて、四つ折にしてアイロンをかけて、などととてもていねい。がさつでいい加減な空耳にきてもらっても困惑させてしまうかなあ、なんにん集まるかわからないしなあ。結局、別の機会にしてもらうことに。
 9時25分に学校に着くと、やる気まんまんの高校生とナホさんが気のいい子分(ではない、男子)を3人引き連れてきている。(受験1週間前だというのに)
 さっそく布ぞうりづくり。昨日わたしが試しに30分で作った、少しいびつなお手本?を見せると、感嘆(簡単)の声。(よかった、プロの見本を忘れて…)
 はじめのつま先の部分、編み始めが面倒くさい。インターネットからコピーした解説図を見ればわかるのに、質問攻め。
 早くも「わけわかんない」「もうやだ!!」と、根性なしも。
 だんだんわかり始めてくると、夢中。そこへ遅れたきた小学生軍団。総勢30人に。
 「できねぇ」「わかんそぇ」の声をなだめすかすが、わたしは頭痛。やっぱり指導者呼べばよかった…。
 それでも何人かは半足完成。
 腹が減った。12時ころから太巻き寿司作り。コワグチさんが高級マグロ差し入れ。食材は豪華だ。
 かんぴょう、きゅうり、カニカマ、魚肉ソーセージ、ハム、チーズ、カツオなまり節、ツナマヨ、サケマヨ、納豆、野沢菜、たくあん、サラダ菜、シソ、ちくわ、ネギトロ、いなりずし用の油揚げ。そしてわたしの手製のだし巻きたまごとごぼうとニンジンの煮物。
 寿司飯をのりにのせ、好きな具を載せて巻きすで巻いていく。
 今年の恵方は東北東だとか。まるごと一本を、声を出さずに食べるのだとか。
 飢えた小5軍団は一本丸々ほおばって、すぐに腹いっぱい。
 ここはあえて太巻きを切って、いろいろな味で楽しむのが正統派。ごぼうが大好評。
 腹がいっぱいになると遊び。春のようにあたたかい。豆まきと称する、豆バトル。グラウンドでバレーホール、サッカー、テニス、野球などに興じる。
 おかあさん方は、布ぞうり作りに夢中。生地には古トレーナーがよいみたい、と試行錯誤が始まりそう。
 最後はお決まりの「ハンカチおとし」。
 ケイタくんの司会で終わりの会。「キャッチボールで受けそこなってのどにボールが…、声が…。」「野球経験者とは思えない。」
 「はじめての布わらじ作り、じゃない、布スリッパ、でもない、なんだっけ?あ、そう、ぞうり作りは難しかった。けれどコツをつかむとおもしろかった。」
 「格好いいサンダルができた。」(一同ポカン、続いて爆笑)「ぞ・う・り・だっつーの」
 「でも、絶対自分では作らないだろうな。」
 「太巻き寿司作りもはじめて。おいしかった。いろいろ巻いて食べると楽しい。それにしても一本まるごと食べてそれで腹いっぱいになるのは、愚かだな。」
 「太巻きで何でもかんでも巻いてみた。たくあんにマヨネーズは、ビミョー。」
 「豆まきでひどい目にあった。わたしはオニじゃない。情け容赦なくぶつけてくるやつがオニだ!」(かわいそうだった、の声)
 「恒例ハンカチ落としは、やっぱり盛り上がった。すべって楽しかった。あ、受験生の前で言ってはいけない言葉を…。」
 「はじてめて参加したけれど、すごく楽しめた。次回も参加するから。(中学生男子)」
 「久しぶりに参加した。はじめは緊張したけれど、だんだん慣れてきて、楽しかった。」


 次回は谷稲葉空耳農場で、ジャガイモ植え。お昼は、本格的な焼津黒はんぺん、こんにゃく作り。いろいろはんぺん料理。


 今後の予定
  2月22日(日)ジャガイモ植えつけ、野菜の種まき、土器作り、はんぺん、こんにゃく作り、おでん
  3月 8日(日)土器の野焼き、パン・ピザ焼き
  3月28日(土)花見もちつき

 宣伝
  2月 7日(日)13:30〜山本敏晴講演会 藤枝市文化センター