2009年11月の記事




【2009年11月29日】 2009年11月29日 パン、ソーセージ作り、麦まき報告 みそ作り案内

次回空耳お知らせ 「平成21年度 藤枝市まちづくり総合事業補助制度対象事業」

 2009年12月13日(日) 9:30〜15:00 みそ作り 
  昼食は、たこ焼き、お好み焼、イカ焼き、とん汁。
        
    
  持ち物 500円。食器、はし、飲料。
      あればお好み焼に入れる高級食材。

  みその販売 できあがった味噌は、1キロ500円(今年は材料費が値上がりしていました)でお分けできます。容器を用意してきてください。
3ヶ月ほどで食べられるようになるかと思います。
    
 空耳ホームページ http://hiroba.children.ne.jp/soramimi/art-bnfwrvqchd.html
 ブログ「藤枝の空と緑と子どもたち」 http://plaza.rakuten.co.jp/evgrfjed/

 
 11月29日は麦まき…はおまけ。パン、ソーセージ作りがメインイベント。
 9時ころから畑に石灰をまいて、耕運機で耕して麦畑の準備開始。しかしなかなか人がくる気配がない。なんだか不安。天気予報では夕方から雨。
 10時ころにはなんとか13人。
 パン作り開始。パン専用の強力粉、「製パン性バツグン、プロも愛用」という「こだわり粉屋」の「はるゆたか」を取り寄せちゃいました。
 バターロールパンのレシピをみながら、砂糖、塩、イースト、牛乳、バターを混ぜてねって、たたいてのばして…。

 ソージュン和尚は、サケの切り身持参。好評のサケのホイル焼きの準備。
 パンをねかせている間に、ソーセージ作り。
 ひき肉に背脂をミンチにして混ぜ、塩、砂糖、タマネギおろし汁、にんにくおろし、ナツメグ、セージなどのスパイスを入れてまぜる。
 和風ソーセージは、しょうゆ、しょうが、シイタケ味。
 温度が上がらないように氷で冷やしながら。冷たい!と悲鳴。
 新兵器のソーセージメーカー登場。しぼり袋では子どもにはつらい。私にもつらかった。これは楽ちんだ。




 ゆでて、スモーク。スモーク担当はダイチくん。トリニクもスモーク。くんせいにもはまりそう。



 試食に群がり、おいしい!!と感激!! 「パンのためにとっておけ!!」
 ゆでてスモークしているあいだにコーンクリームシチュー作り。
 ソージュン和尚持参のサケの切り身も投入。

 ソーセージができたら今度はパンの成形。がまんしてとっておいた、できあがったばかりのソーセージをまいたり、ピザにしたり。

 ダッジオーブンで焼くのはタカシくん。
 「アジッ!」「11月なのになんで汗?」うちわで涼を取りながらの大奮闘。
 みごとな焼き上がり。「これなら売れる、店を開ける」と好評。
 パン焼きは初めてのイワサキさんもオノダさんも、ダッジオーブンの性能に驚き。こんなきれいでおいしいパンが焼けるなんて。粉も良いんです。「こだわり粉屋」の「はるゆたか」です。ふっくら、のびのび、かおり豊か。
 これでもか、とパンとピザを焼く。タカシくんの火の調節も熟練。焼き上がりが絶妙になっていく。
 ミサトさんのビッツァーラに勝るとも劣らないピザ

 パンとシチューとサケのホイル焼き。
 


 おなかがいっぱいになって、麦まき。
 「耕運機を体験できるところなんてここしかない」と初体験。

 
 雨が降ってくる前に終了。
「初めて私の作ったピザ。ピッツァーラに勝ったな、と言われてうれしかった。」
「外でなければできない経験ができた。子どもはもちろんだが、親も十分楽しむことができた。」
「耕運機を使っておもしろかった。シチューもパンもおいしかった。」「幸運がおとずれるよ。」
 次は
「本まぐろの解体やって、寿司が食べたいな。」
「ラーメン作りたい。」「たこ焼きがいい。」「クロダイの塩釜焼き。」「お好み焼がいいが食べたいな」

 

 今後の予定 
 12月13日(日) 9:30〜15:30 藤枝北高校で、味噌作り お好み焼  
 12月23日(水) 9:30〜15:30 藤枝北高校で、もちつき ケーキ作り 

 2010年
  1月 9日(土) 稲葉公民館 凧作り、たこあげ、はねつき、すしパーティー
  1月31日(日) 空耳農場 ラーメン、肉まん、シュウマイ作り、里山探検、自然工作
  2月21日(日) 空耳農場 ジャガイモ植えつけ、土器作り、おむすび・とん汁作り、野菜の種まき
  3月 7日(日) 空耳農場 土器の野焼き、ソーセージ作り、パン・ピザ焼き
  3月27日(土) 寺島河川敷公園 花見もちつき、野草のてんぷら

【2009年11月28日】 2009年11月22日 そばうち報告 麦まき・パン・ソーセージ作り案内

次回空耳お知らせ 「平成21年度 藤枝市まちづくり総合事業補助制度対象事業」

 2009年11月29日(日) 9:30〜15:00 麦まき。 
  昼食は、パン、ソーセージ作り。クリームシチューもサーモンのホイル焼きもほしいなあ。
        
    
  持ち物 500円。食器、はし、飲料。
      あればパンに入れる高級食材。
    
 空耳ホームページ http://hiroba.children.ne.jp/soramimi/art-bnfwrvqchd.html
 ブログ「藤枝の空と緑と子どもたち」 http://plaza.rakuten.co.jp/evgrfjed/

 
 
 雨で延期もあって、10月11日のサツマイモ掘り以来、1ヶ月以上の間の空いた空耳子ども会。
 そのあいだにいろいろなことがありました。
 10月25日早朝のそばかり。
 そばを干して、脱穀して、乾燥。

 そして、扇風機でごみとり、
 そばの洗い(精米機でごみとり)、

 製粉機で製粉。


 私的には、教育研究集会で報告、藤枝北高校の文化祭。文化祭では沖縄物産展。

 11月22日(日)の空耳は、そばうち。かつおの解体やってしまいました。

 9時半過ぎに、イトーさん家族が来て、残しておいたそばを石臼で製粉。
 ほんらいゆっくり時間をかけて粉にするのだが、あまりのスローライフ様式にせっかちなおとうさんたちは、石臼に体重をかけて無理やり製粉。
 ソージュン和尚から電話。なんと焼津の「福一」にいる、と。「イソノくんどうする?」
 わたしは「カツオ買いたい(解体)」をあきらめていたのに、1本1400円。迷わずお願い。
 10時ころになって続々と参加者。この調子だと30人?
 ニンジン、しいたけ、シメジ、油揚げ、モチヅキさん持参の高級食材のちくわ、鶏肉炊き込みご飯を2升も準備。
 タマネギ、ニンジン、ちりめんのてんぷらの準備も万端。風呂吹き大根にはゆず味噌。
 薬味のネギを刻み、大根おろし、大和いものすりおろし、なめこ、板わさ、だしまき卵も準備して、そばの準備もばっちり。
 ガンガン火をたくタカシくんが炊き込みご飯炊き専門。
 てんぷらはご夫婦仲良くイトウさんが担当。

 11時頃からそばうち開始。
 空耳の自家栽培そばで私が手本。これがまた、「いなかそば」で絶品。めんつゆではもったいなくて塩で食べる本格派。
 子どもたちには安全策のニ八そば。ひとりで300グラムのそばうち。子どもたちのそばはきしめんどころか板麺。これはこれで、よくできていて、好評。

 





 いよいよカツオの解体。立候補者がいないので私が担当。
 カマ(頭)を落としていると、「残酷」「グロい」と子どもたちは逃げていく。
 内臓の胃の中からイワシが10匹もでてくる。「これも食べちゃう?」「ヒェェ!やめてぇ!!」。

 3枚におろし、フライパンであぶって、「カツオのたたき」完成。
 しょうゆにネギとおろしにんにく、おろししょうがでいただく。美味。
 ところが、「このサカナ、半生だよ」と言う声。しまいにはしょうゆで煮てしまう始末。(おとなの味はおとなが独占)

 おなかのいっぱいになった子どもたちはボールで遊んだり、おにごっこしたり、水遊び(ムダ作り)にひたったり。
 ボールが木にひっかってしまった。そこで弓矢の登場。弓道講座。やっぱり子どもは少し危ない遊びを体験しなくちゃ。

 3時終わりの会。ミサトさんの司会。
 「そばうちも初めて、かつおの解体も初めて見た。自然の中ではじめてだらけの豊かな体験ができた。」
 「かつおの解体がぐろかった。」「でも、たたきはおいしかった」
 「今度はどんなサカナのサプライズにしようかな」「本まぐろは何十万単位だしなあ」

 たっぷりと打ったそばと勢いで作りすぎた炊き込みご飯をお土産に。

 今後の予定 
 11月29日(日) 9:30〜15:30 麦まき パン作り
 12月13日(日) 9:30〜15:30 藤枝北高校で、味噌作り お好み焼  
 12月23日(水) 9:30〜15:30 藤枝北高校で、もちつき ケーキ作り